いつの間にかできるシミ

朝起きたら毎日鏡を見ることを習慣にしています。

自分の顔を鏡で見て老けていないかとチェックするためです。

年相応の老け方なら仕方ありませんが、40代なのにおばあさんのように老け込んではこまりますので、そうならないように意識して見ています。

するとある日、うっすらと頬のところにシミができているのを見つけました。

なんでできたのだろうと考えたところ、外出するときに紫外線対策を十分にしていなかったためではないかと思いました。

外に出るときは日焼け止めを塗って出るのですが、その塗り方が適切ではなかったのではないかと思います。

そのせいで太陽に当たる頬のところにシミができたのだろうと思いました。

帽子ももちろんかぶってはいましたが、地面から反射した紫外線で焼けたのかもしれません。

紫外線を徹底的に実施

シミに気づいてから、紫外線対策をしっかり行うようにしました。

なんでも、日焼け止めは塗った直後はまだあまり効果がないそうですので、外出する30分前までには塗り終えるようにしました。

それに美白効果のある日焼け止めにかえました。

でも日焼け止めだけでは怖いので、そのうえから日焼け止め効果のあるファンデーションも塗ることにしました。

それから帽子をかぶった上に日傘を差すようにしました。

このように何重にも防止することで日に焼けることはないだろうと思いました。

そして実際、外出して帰ってきてから日焼け止めとファンデーションを落とすと、まったく日に焼けた様子は感じられませんでした。

それから外出するときはずっとこのような方法で出かけています。

紫外線が強くないときでも怠ることなく続けています。

やはり老化対策の基本はUVケア

日焼け止めとファンデーションを塗って、帽子をかぶり、日傘を差して外出するという方法で、肌が日に焼けることはなくなりました。

クレンジングで落としても紫外線でダメージを感じた様子はありません。

それどころか肌が白くなった気がします。

美白効果がある日焼け止めだったので、その効果が現れたようです。

紫外線が強いときでも毎日出かけましたが、肌が焼けることはなく、実際は白くなっていったというのが率直な感想です。

そして以前気になっていた、頬にうっすらと現れたシミも、いつの間にか気にならなくなっていました。

家族も「最近色が白くなったね」と言ってくれます。

これからもこの方法で紫外線対策をして、より白い肌作りをしようと思います。

メニュー